QsfromBooks
電子書籍名言・引用まとめ


Quotes List

文化をめぐるどぎつい人種差別が、内に潜む敵意や救いがたい無知、恐怖と混じり合っている。フランスの田舎に住む、今の暮らしに十分満足したプチ・ブルジョワジーが、郊外やアフリカに住む大勢の人々 ―― 地に呪われたる者 ―― に覚える恐怖だ。

総特集*シャルリ・エブド襲撃/イスラム国人質事件の衝撃 パリの襲撃事件は、西洋の怒りが偽善であることを示している ノーム・チョムスキー/佐野智規訳

遠い昔、フリードリッヒ・ニーチェはいかに西洋文明が「末人(最後の人間)」に向かって進んでいるのかを理解していた。「末人」とはいかなる感情も関与もない無関心な生き物のことである。夢見ることもできず、人生に疲れ、リスクを冒すこともなく、快適さと安全、そして互いの寛容さのみを求める。「少量の毒をときどき飲む。すると、気持ちのいい夢を見ることができる。そして大量の毒を最後に飲む。すると、気持ちのいい死を迎えることができる。昼のお楽しみがある。夜のお楽しみもある。だが健康には敬意を払っている。『わたしたちが幸せをつくりだしたのです』 ―― そう言って、末人(最後の人間)がまばたきする」[1]。

イスラエルにここまで加担する理由は、イスラエルが恒常的に戦争を行って最先端の軍事技術を保持していること、そしてガザのような地域を軍事的に占領している姿勢への共感ではないでしょうか。日本には沖縄もありますし。

Twitter 3 48 Rss 3 48 follow us in feedly
スポンサード リンク