QsfromBooks
電子書籍名言・引用まとめ

つまり文章は、基本的に「意味」と「音」から成っていて、音同士も実は非常に大事な関係性を持っているのです。

文章力の鍛え方 (中経の文庫)

樋口 裕一

Quotes List

新しい考えを得たいとき、もしくは自分の考えが正しいかどうか検証したいとき、「あの人ならどう考えるか」と考えてみると、答えが出やすくなります。「

文章を書くということは、根拠を明確に発信することです。

なぜ、これほど文章の苦手な人が多いのでしょう? 理由は簡単です。訓練を受けていないからです。

一般的に「歴史のターニングポイント」を考えると、ものごとや歴史が非常に明確になるのです。「

最初にものごとを考えるとき、特に人と話をするときに、その言葉の意味するところがなんなのかを明確にしないと話になりません。

書くときも話すときも、文を短くすることを意識してください。

「文章力がつく」ということは、「ものごとを分析し、深く考えられるようになる」ということです。

小論文に必要なのは、論拠の独創性であって、形式や文章構成における個性はまったくといっていいほど必要ありません。

文章はある意味ミステリーみたいなもので、書き手がどう思っているのかを、興味を引かせながら徐々にわからせていく手段でもあるわけです。

幅広い見識と自分の立場をはっきりさせられれば、文章を書くことが、だんだん楽しくなっていきます。

書きたくなって書いていると、文章は格段にうまくなります。

笑わせる」ということは、「読み手の気持ちをおもんぱかる」ということです。

笑いを取り入れるとは、場の空気をつくったり、話の間であったり、調子にメリハリをつける意味合いもあります。

小論文の基本的な文型は、四部構成で成り立っています。それをパーツに分けると、「~だろうか」「たしかにしかし」「なぜなら」「したがって」です。

文章というのは、読み手が暗に質問してくるであろうことに答えたり、あえてほったらかしにして最後に答えたりといった技術の集約なのです。

人と話をするとき、何か心がけていますか? もし何も意識していないのなら、今日から「笑わせる」努力をしてください。

フランス人がよく口にするのが、「理由は三つある」という言葉で、本当によく使います。 ところが、「理由は三つある」と言った時点では、彼らは理由を三つ考えていないようです。

「ものごとを考える」ということは、必ず社会とつながっているものです。というよりも、社会とつながりを持たない考えは、どうしても浅知恵になってしまいます。

社会の中の自分というものを明確に認識することが一番大切なことで、それができなければ文章を書くことはできないし、何かを提案することもできないのです。

論理的にものごとを考えるうえではずせない要素は、「定義」「現象」「結果」で、これらを「三つのWhat」と呼んでいます。 その次に「理由・背景」→Why、「歴史的状況」→When、「地理的状況」→Whereの「三つのW」を考えます。そして最後に、「対策」→HowのHとなります。

論理的にものごとを考えるうえではずせない要素は、「定義」「現象」「結果」で、これらを「三つのWhat」と呼んでいます。

Twitter 3 48 Rss 3 48 follow us in feedly
スポンサード リンク