QsfromBooks
電子書籍名言・引用まとめ

論語 (岩波文庫)

金谷 治

Quotes List

子夏がいった、「小人があやまちをすると、きっとつくり飾〔ってごまかそうとす〕る。」

先生がいわれた、「君子はことばによって(立派なことをいったからといって)人を抜せず、また人によって(性格が悪いからなどといって)ことばをすてることはしない。」

子貢が人の悪口をいった。先生はいわれた、「賜は賢いんだね。まあわたくしなどにはそんなひまはない。」

先生がいわれた、「自分のことばに恥じを知らないようでは、それを実行するのはむつかしい。〔ことばは慎しんでこそ、それを実行できる。〕」

先生がいわれた、「徳のある人にはきっとよいことばがあるが、よいことばのある人に徳があるとは限らない。仁の人にはきっと勇気があるが、勇敢な人に仁があるとは限らない。」

「土地の人がみな憎むというのは、いかがでしょうか。」先生はいわれた、「十分じゃない。土地の人の善人がほめて悪人は憎むというのには及ばないよ。」

先生がいわれた、「中庸の人をみつけて交われないとすれば、せめては狂者か狷者だね。狂の人は〔大志を抱いて〕進んで求めるし、狷の人は〔節義を守って〕しないことを残しているものだ。」

「前にはわたしは人に対するのに、ことばを聞いてそれで行ないまで信用した。今はわたしは人に対するのに、ことばを聞いてさらに行ないまで観察する。予のことで改めたのだ。」

先生がいわれた、「人が自分を知ってくれないことを気にかけないで、人を知らないことを気にかけることだ。」

賢なるかな回や。一簞の食、一瓢の飲、陋に在り。人は其の憂いに堪えず、回や其の楽しみを改めず。賢なるかな回や。

Twitter 3 48 Rss 3 48 follow us in feedly
スポンサード リンク