QsfromBooks
電子書籍名言・引用まとめ

創るセンス 工作の思考 (集英社新書)

森博嗣

Quotes List

トラブルは起こる。だから、起こったときにどうすれば良いのか、というバックアップの方策を事前に立てておく。最も簡単で万能な対策は、「時間的に余裕」を見ておくことである。ぎりぎりのタイムスケジュールは、ものを作ることを限りなく困難にする最悪の条件だ。

それでもやはり根底にあるのは、楽しさなのである。これを感じない人は技術者にはなれない、と僕は考えている。どんなに腕が良くても、である。それは、この得体の知れない楽しさだけが、技術というものへ向かう姿勢を長時間維持させる力だからだ。

技術の凄さ」とは、説明することが難しい。凄さを感じるだけでも、ある程度の技量が要求されるものだ。

自分はわかったのに、わからない他者がいる、ということを認識するのである。そして、何故わからないのか、と考える。ここが重要なのだ。どうして理解できないのか。どう考えているから理解できないのか。どうすれば理解できるようになるのか。

仕事というのは、そういうものなのだ。やりたくないことをするから、対価が生じるのである。好きなことをしていて賃金がもらえるなんて、基本的にありえないと考えて良い。

「技術の凄さ」とは、説明することが難しい。凄さを感じるだけでも、ある程度の技量が要求されるものだ。

Twitter 3 48 Rss 3 48 follow us in feedly
スポンサード リンク