QsfromBooks
電子書籍名言・引用まとめ

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉

小倉 広

Quotes List

「やる気がなくなった」のではない。 「やる気をなくす」という決断を自分でしただけだ。 「変われない」のではない。 「変わらない」という決断を自分でしているだけだ。

「過去と他人は変えられない。しかし、今ここから始まる未来と自分は変えられる」

ます。「過去と他人は変えられない。しかし、今ここから始まる未来と自分は変えられる」

健全な人は、相手を変えようとせず自分が変わる。 不健全な人は、相手を操作し、変えようとする。

敗北を避けるために、時に人は自ら病気になる。 「病気でなければできたのに……」 そう言い訳して安全地帯へ逃げ込み、ラクをするのだ。

アドラーは遺伝や育て方などの「原因」により行動が規定されるのではない、と考えました。そして、人は未来への「目的」により行動を自分で決めているのだ。だから、自分の意思でいつでも自分を変えることができる、と「目的論」と「自己決定性」を唱えました。

人は過去に縛られているわけではない。 あなたの描く未来があなたを規定しているのだ。 過去の原因は「解説」にはなっても 「解決」にはならないだろう。

人は誰もが自らを変える力を持っている。

自らアクションを起こすことでしか運命は好転しないからです。

「親が悪いから」 「パートナーが悪いから」 「時代が悪いから」 「こういう運命だから」 責任転嫁の典型的な言い訳である。

材料はあくまでも材料でしかありません。それをどのように使うか、という自由を私たちは持っているのです。

遺伝や育った環境は単なる「材料」でしかない。 その材料を使って 住みにくい家を建てるか、住みやすい家を建てるかは、 あなた自身が決めればいい。

病気やケガをはじめとして、自分自身の力ではいかんともしがたい事柄はあるでしょう。しかし、それ自体を変えることはできなくても、それをどのような気持ちで受け取り、どのような意味づけをするか、は常に私たちの選択に委ねられています。

たとえ不治の病の床にあっても、 天を恨み泣き暮らすか、 周囲に感謝し余生を充実させるか、 それは自分で決めることができる。

その決断は誰かに強制されたものではなく、自分が、自分の意思で、下してきたものです。

人間は自分の人生を描く画家である。 あなたを作ったのはあなた。 これからの人生を決めるのもあなた。

現在の人生を決めているのは「運命」や「過去」のトラウマではなく、自分自身の考え方である

人生が困難なのではない。 あなたが人生を困難にしているのだ。 人生は、きわめてシンプルである。

「一言の断りもないままに各方面からこれほどまでに多くのものを剽窃された人は、アルフレート・アードラーをおいて他にあまり例を見ないのではないだろうか。彼の学説は、フランス語のイディオムを用いれば 「共同採石場」(une carrier publique)みたいなもので、だれもがみな平気でそこからなにかを掘り出してくることができる。他からの引用部分ならその出典をことこまかに明示するような人でも、その出典がアードラー心理学(個人心理学)である場合にかぎってはそうしようという気を起こさないのである。」

フロイトは、人間は過去に蓄積された「性的な力」(リビドー)に突き動かされるのだ、と提唱しました。つまり、人は過去により規定され、自分で未来の自分自身をコントロールすることはできない、と言ったのです。

陰口を言われても、嫌われても、 あなたが気にすることはない。 「相手があなたをどう感じるか」は 相手の課題なのだから。

あらゆる人間関係のトラブルは、他人の課題に土足で踏み込むことにより起こります

楽観的とは根拠と準備のある人のことです。しかも、悲観的に検証し、悲観的に準備をし、その上で肯定的に行動すること。

自らアクションを起こすことでしか運命は好転しない

人はライフスタイルを10歳くらいまでに 自分で決めて完成させる。 そして、それを一生使い続けるのだ。

劣等感を克服するためには過度な思い込み=ベーシック・ミステイクを改める必要があると言いました。しかし、それだけで劣等感を克服することはできません。では、どのように考えれば劣等感を克服できるようになるのでしょうか。そのためには、自分のダメなところをなくすのではなく、ダメな自分をそのまま受け容れることが必要です。つまり、完全であろう、とするのではなく、不完全なままの自分を受け容れるのです。

つまり「運命」は自分で「動かす」ことができるもの。これまで自分で「動かしてきた結果」なのです。

フロイトは、人間は過去に蓄積された「性的な力」(リビドー)に突き動かされるのだ、と提唱しました。つまり、人は過去により規定され、自分で未来の自分自身をコントロールすることはできない、と言ったのです。 これに真っ向から反論を唱えたのがアドラーです。アドラーは遺伝や育て方などの「原因」により行動が規定されるのではない、と考えました。そして、人は未来への「目的」により行動を自分で決めているのだ。だから、自分の意思でいつでも自分を変えることができる、と「目的論」と「自己決定性」を唱えました。

判断に迷った時は、 より大きな集団の利益を優先することだ。 自分よりも仲間たち。 仲間たちよりも社会全体。 そうすれば判断を間違うことはないだろう。

Twitter 3 48 Rss 3 48 follow us in feedly
スポンサード リンク