QsfromBooks
電子書籍名言・引用まとめ

「もっと読みたい」と思わせる文章を書く

加藤 明

Quotes List

エッセイの手ほどきをしていて、気がつくことがあります。みなさん、 「自分の書いた文章は、だれもが最後まで読んでくれるもの」 と思い込んでいることです。

起承転結はエッセイのような短い文章ほど、その効果を最大限に発揮する構成法なのです。

自慢話は読まれない。失敗ネタ、ドジ話ほど読まれることを知ろう

「好奇心」や「ユーモア精神」は先天的な要素が強いと思われるので、真似しようと思っても大変です。そこで、私が塾生に勧めているのが後天的要素の強い「観察力」の鍛錬です。

リアルさを支えているのが話の細部です。細部がリアルでないと、読み手に話の内容が十分に伝わっていかない。ディテールの積み重ねによって、全体のリアリティーが生み出されます

◎起承転結の行数比率の目安 「起」……25% 「承」……25% 「転」……40% 「結」……10%

エッセイの三大要素を言い換えて塾生に話しております。 表現(文章力)は「才能」である。 構成(起承転結)は「努力」である。 内容(ネタ)は「運」である。

文は人なり、と言います。書くという行為は、いわば人前で精神のストリップをしているようなものです。考えようによっては何とも恥ずかしい行為です。どうせ恥ずかしい行為に手を染めているのなら、 中途半端はやめましょう。 というのが、日ごろ私の教えているところです。

エッセイの手ほどきをしていて、気がつくことがあります。みなさん、 「自分の書いた文章は、だれもが最後まで読んでくれるもの」  と思い込んでいることです。

Twitter 3 48 Rss 3 48 follow us in feedly
スポンサード リンク