QsfromBooks
電子書籍名言・引用まとめ

ゆるく考えよう 人生を100倍ラクにする思考法 (文庫ぎんが堂)

ちきりん

Quotes List

なんでもそうですが、事前にどんなに慎重に検討して選んでも、選んだ後には必ず不満が残ります。したがって、後から不満がでてくることは最初から前提とし、「たとえ不満がでてきても納得できる選択肢はどれか?」という視点で選ぶべきなのです。

平日も休日もですが、「予定が入っていることがいいことだ」という考えは、下品です。時間に追いまくられることが、あるべき姿ではありません。

ニートのもともとの意味は、「仕事も勉強も職業訓練もしていない状態」ということですが、その前提には「仕事と勉強と訓練にしか価値がない」という考えがあります。この考えこそ問題ではないでしょうか。世界の全員がたった3つのことにしか価値を認めないなんて、ちょっと怖いです。

また、日本には「良薬口に苦し」ということわざがあり、まるで「つらいこと=価値があること」のようにいいたがる人がいます。けれど、論理的に考えれば一番いいのは「楽しくて、ラクで、価値があること」であり、まずはそれを目指すべきではないでしょうか。

退屈すること、予定が入っていないことが怖くなると一種の現代病です。この病気にかかっていると思う人は、一度「何ひとつ有意義なことをしない3日間」を過ごしてみればよいと思います。

近い狭い範囲のことにこだわりを持ちすぎると、影響力が大きすぎて間違いが起こりやすくなるのです。しかもこだわりが強い人は熱心で頑固です。その力が小さなモノに向かうと、ものすごく大きく間違ってしまいます。

欧米では「変化させる人」こそリーダーですが、日本では「できるだけ混乱を起こさないことがトップの務め」です。こうして日本は「誰も終わりを決められない国」になってしまっています。

生きるということは、観客席から立ち上がり、舞台に立ち、自分で自分の人生のストーリーを決め、そのためにどう振る舞うか、自ら決めることなのです。

退屈すること、予定が入っていないことが怖くなると一種の現代病です。

子供も同じです。「勉強は得意じゃないかも」と思ったら、勉強が必要だということを早めに諦め(させ)たほうがいいと思います。塾だの家庭教師だのと大金を注ぎ込んでも、正直いってたいして結果は変わらないでしょう。

形式的に自分を縛るもの、たとえば家族のために働く必要があるとか、介護や育児をしなければならないというわかりやすい縛りがあると、まるで自分はその縛りがなければ自由になれるかのような幻想に浸ることができます。高校生のちきりんが「経済力さえあれば自由になれる」と信じていたように、です。けれど、そういった「安直な言い訳」から解放されると、人は本当に自分を縛っているものと対峙することになります。

コミュニケーション能力とは、「受信側のシステムを理解するスキル」です。他者の受信メカニズム、感度や感情のバリエーションに対する知識や理解こそが重要なのです。

世の中はグローバリゼーションやIT革命など、激変の様相を見せていますが、こういう時ほど個々人にとって大事なのは、「自分は何をしていたら楽しいのか」という自分目線の価値観です。

Twitter 3 48 Rss 3 48 follow us in feedly
スポンサード リンク