QsfromBooks
電子書籍名言・引用まとめ

もし、自分の意見を一方的に伝えているように感じるのなら、 「僕はこういう考えなんだけど」 「ほかにもやり方はあるだろうけど」  などと前置きすれば、部下の選択に幅が生まれるだろう。

育てる技術

石田 淳

Quotes List

ちょっと見方を変えてみよう。 部下が「思うように動いてくれない」ということは、上司が「やってほしいと思っていること」が伝わっていない証拠である。つまり、上司が「やってほしいと思っていること」を的確に伝えられれば、問題は解決するのだ。

行動科学マネジメントでは、「一度に教えることは3つまで」と考える。その3つができてから次の3つを教えるようにすると確実に身につくことがわかっている。

部下を持つということは、誰にでもできる経験ではない。自分には不向きだと嘆くのではなく、せっかく巡ってきたチャンスを自分のために生かしてほしい。

自分が今まで「何となく」できてしまったことも、あらためて掘り下げてみると、新たな発見がある。部下を育てることは、自分が成長することでもあるのだ。

もし、自分の意見を一方的に伝えているように感じるのなら、 「僕はこういう考えなんだけど」 「ほかにもやり方はあるだろうけど」 などと前置きすれば、部下の選択に幅が生まれるだろう。

「リーダーとは、目標を定め、優先順位を決め、基準を定め、それを維持する者である」 つまり、リーダーとは旗振り役であり、メンバーの進むべき道を示すのが最大の役割なのだ。

人は、褒められた記憶より叱られた記憶が強く残る。だから、4つ褒めたら1つ叱るくらいで、やっとバランスがとれる。

自発的かつ創造的な思考法は、できるようになるまで時間がかかる。突き放していては、部下はいつまでたっても育たない。

人の気持ちはわからないものだし、無理してわかろうとする必要もないと考えている。むしろ、人の気持ちをわかった気になっているほうが危険だ。

部下が「思うように動いてくれない」ということは、上司が「やってほしいと思っていること」が伝わっていない証拠である。つまり、上司が「やってほしいと思っていること」を的確に伝えられれば、問題は解決するのだ。

あなたが自分のプライベートを大事に考えれば、そのために早く帰ろうと仕事を効率的に進めるだろう。課長が残業しなくなると、部下も定時に帰れる。 時間内でやるべき仕事を全力でこなし、プライベートも全力で充実させる。上司自らが、そうした風土をつくろう。

・相手がこちらの望む行動をしたら、褒めたり、喜んでみせたりする。 ・相手がこちらの望まない行動をしたら、その行動だけを修正してもらう。

結果をなかなか出せなかった部下が、「自分にもできるのだ」と自信を持てるようになれば、みるみる成長していく。部下本人も仕事が楽しくなるのと同時に、教える側も充実感を得られる。

悪い行動をとったら、その場ですぐに指摘しなければ、部下は何が悪かったのか正確に把握できない。さっと指摘して、いつまでも引きずらない。これが部下にとっては最も納得できる方法である。

部下の「いい行動」を認めることだからだ。性格や態度といったその人の内面に踏み込むことはしないでいい。「相手のいいところを見つけて褒めよう」と思うから、思考停止してしまうのだ。目に見える行動なら、いくらでも褒められるではないか。

あなたが、部下に教えるべきは、誰がやっても同じような結果が出せる方法である。アドリブは、それができてからの話だ。

ちょっと見方を変えてみよう。  部下が「思うように動いてくれない」ということは、上司が「やってほしいと思っていること」が伝わっていない証拠である。つまり、上司が「やってほしいと思っていること」を的確に伝えられれば、問題は解決するのだ。

人間は終わりが見えない行動にストレスを感じる。よくわからない作業を黙々と続けるには、想像以上のエネルギーが必要だ。 だから、上司は目前の行動を部下に指示するだけでなく、仕事の全体像がわかるようにしてやらなくてはならない。自分のしていることが、会社全体にとってどのような意味を持つのか、部下はそれを知りたがっている。時間を惜しまず語ってあげよう。 いくつものスモールゴールの先に、素晴らしいビッグゴールが待っているのだという実感を持てれば、部下は頼まなくても自発的に動くだろう

人間は終わりが見えない行動にストレスを感じる。よくわからない作業を黙々と続けるには、想像以上のエネルギーが必要だ。  だから、上司は目前の行動を部下に指示するだけでなく、仕事の全体像がわかるようにしてやらなくてはならない。自分のしていることが、会社全体にとってどのような意味を持つのか、部下はそれを知りたがっている。時間を惜しまず語ってあげよう。  いくつものスモールゴールの先に、素晴らしいビッグゴールが待っているのだという実感を持てれば、部下は頼まなくても自発的に動くだろう

「リーダーとは、目標を定め、優先順位を決め、基準を定め、それを維持する者である」  つまり、リーダーとは旗振り役であり、メンバーの進むべき道を示すのが最大の役割なのだ。

人は、褒められた記憶より叱られた記憶が強く残る。だから、4つ褒めたら1つ叱るくらいで、やっとバランスがとれる。「

Twitter 3 48 Rss 3 48 follow us in feedly
スポンサード リンク