QsfromBooks
電子書籍名言・引用まとめ


Quotes List

あなたの努力が足りなくて実現しなかった企画を『なくなった』って言ってみたり、本当はなりたくてなりたくて仕方がないはずなのに『周りからアーティストや編集者に向いているって言われてる』とか言ってみたり、そんな小さなひとつひとつの言い方で自分のプライドを守り続けてたって、そんな姿、誰も知らないの

自分に会社勤めは合ってない、なんて、自分を何だと思ってるの? 会社勤めをしている世の中の人々全員よりも、自分のほうが感覚が鋭くて、繊細で、感受性が豊かで、こんな現代では生きていき辛いなんて、どうせそんなふうに思ってるんでしょ?

音楽を聴いたり友人と話したりと、受験生のほうがいくら平静を装っても、社員の人たちから漂う「私は勝っています」というにおいには全く勝てない

「すごい行動力だね」とか「自分にはそんなことできない」とか、そういうセリフを欲しているのがよくわかる。だから、俺は絶対に言ってやらない

「就活をしない」と同じ重さの「就活をする」決断を想像できないのはなぜなのだろう。決して、個人として何者かになることを諦めたわけではない。スーツの中身までみんな同じなわけではないのだ

自分はアーティストや起業家にはきっともうなれない。だけど就職活動をして企業に入れば、また違った形の「何者か」になれるのかもしれない。そんな小さな希望をもとに大きな決断を下したひとりひとりが、同じスーツを着て同じような面接に臨んでいるだけだ

就職活動は個人の意志のない世間の流れだと言い始める人が出てくる。自分は就職サイトに登録しなかった、というさりげない一言を利用して、自分は就職活動に興味がないちょっと変わった人間です、というアピールをしてくる人が出てくる

個人の話を、大きな話にすり替える。そうされると、誰も何も言えなくなってしまう。就職の話をしていたと思ったら、いつのまにかこの国の仕組みの話になっていた。そんな大きなテーマに、真っ向から意見を言える人はいない

「だってあんた、自分のツイート大好きだもんね。自分の観察と分析はサイコーに鋭いって思ってるもんね。どうせ、たまに読み返したりしてるんでしょ? あんたにとってあのアカウントはあったかいふとんみたいなもんなんでしょ。精神安定剤、手放せるわけないもんね」

Twitter 3 48 Rss 3 48 follow us in feedly
スポンサード リンク