QsfromBooks
電子書籍名言・引用まとめ


Quotes List

記憶して下さい。私はこんな風にして生きて来たのです

もっと早く死ぬべきだのになぜ今まで生きていたのだろう

迂遠な愛の実際

「どっちが先へ死ぬだろう」

私は死ぬ前にたった一人で好いから、他を信用して死にたいと思っている。あなたはそのたった一人になれますか。

自殺する人はみんな不自然な暴力を使うんでしょう

かつてはその人の膝の前に跪いたという記憶が、今度はその人の頭の上に足を載せさせようとするのです。

恋は罪悪ですよ

ことによるとあなたも淋しい人間じゃないですか。私は淋しくっても年を取っているから、動かずにいられるが、若いあなたはそうは行かないのでしょう。動けるだけ動きたいのでしょう。

あなたは死という事実をまだ真面目に考えた事がありませんね

不安に揺かされるたびに、もっと前へ進みたくなった。もっと前へ進めば、私の予期するあるものが、いつか眼の前に満足に現われて来るだろうと思った

私はその人を常に先生と呼んでいた

ある時私は突然彼の襟頸を後ろからぐいと攫みました。こうして海の中へ突き落したらどうするといってKに聞きました。Kは動きませんでした。後ろ向きのまま、ちょうど好い、やってくれと答えました。私はすぐ首筋を抑えた手を放しました。

「ええいいました。実際あんなじゃなかったんですもの」

精神的に向上心のないものは馬鹿だ

本当の愛は宗教心とそう違ったものでないという事を固く信じているのです。

記憶して下さい。私はこんな風にして生きて来たのです。

もし我ら二人だけが男同志で永久に話を交換しているならば、二人はただ直線的に先へ延びて行くに過ぎないだろう

精神的に向上心がないものは馬鹿だ

人間を愛し得る人、愛せずにはいられない人、それでいて自分の懐に入ろうとするものを、手をひろげて抱き締める事のできない人、――これが先生であった。

「かつてはその人の膝の前に跪いたという記憶が、今度はその人の頭の上に足を載せさせようとするのです。私は未来の侮辱を受けないために、今の尊敬を斥けたいと思うのです。私は今より一層淋しい未来の私を我慢する代りに、淋しい今の私を我慢したいのです。自由と独立と己れとに充ちた現代に生れた我々は、その犠牲としてみんなこの淋しみを味わわなくてはならないでしょう」

「若いうちほど淋しいものはありません。

Twitter 3 48 Rss 3 48 follow us in feedly
スポンサード リンク